小麦茶房めーぷる

美味しい時間が大好きなめーぷるママのブログです。 天然酵母の焼き立てパンの香りに包まれ…あまーいSweetsに囲まれ…至福のときです♪






スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告



ご当地菓子! 油菓子🌸 :: 2014/03/08(Sat)
こんばんは^_−☆
寒の戻りですかね…。
またまた寒い日が続いていますが…気分はもう春🌷ですねぇ。。

さて、今日はご当地限定のお菓子、『油菓子』を紹介します。。
色々忙しくて、ひな祭り前にUPできなかったんですが…この『油菓子』は三河地方、私の住むG市の古くからのひな祭りのお菓子です💕

ひな祭りのお菓子と言うと有名なのは『いが饅頭』ですかね…でもこちらも三河地方発祥の地のようです。。

私もG市に生まれ育ったので、この『油菓子』は、当然のようにひな祭りのお節句近くなると祖母から母、叔母…いとこ、姉妹とみんなで作ったものです。

私が育った頃は、祖父の会社の住込みの方の分まで…新聞紙何枚分も『油菓子』を作っては並べて…時々つまみ食いをしたりして…楽しんだ幼少期を思い出します🎵

レシピは各家庭それぞれのようですが…
材料は、いたってシンプルな〜

薄力粉 1キロに対して砂糖を0.5、卵は好き好きですが、水で仕込むと固い油菓子になります(固くて普通です)が、水の代わりに卵で仕込むと柔らかめの油菓子になり、近年は、こちらが主流のようです💕
お好みで、白胡麻を混ぜたりしても風味がいいです。。



⬆クッキー生地くらいの固さに仕上げ、めん棒で4㎜ほどの厚さに伸ばします。



⬆私は、サクサクした感じに仕上げたかったので、割と水分少なめな生地。

適度な長方形に切り分け、手綱のように…真ん中に切り込みを入れた部分に、生地を一回通しねじります。



⬆油で揚げます。



⬆幼少期のように、新聞紙何枚分とはいきませんが…バットに山盛りニ杯ほど出来上がりました!

素朴な味なので、これくらいは一般家庭ても余裕で食べれる量です。
が、食べ過ぎてしまうと困るので…その後お茶したママ友へおすそ分け〜^_−☆



白胡麻、1キロに対して1袋くらい入れても良いです。



もちろん、お雛様にもあげましたよ🎎

ひな祭りは、終わってしまいましたが…ご興味ある方は作ってみて下さいね^_−☆

今回は、国産薄力粉、粗糖、卵、白胡麻を使用しましたよ!
関連記事
スポンサーサイト
  1. スイーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。